下水の油をくみ上げ、揚げもの油に使用する屋台やレストラン以前から中国で社会問題となっている「地溝油」がまだ使われているとのことで、ワシントンポストの記者が取材しました。
マンホールのふたを開けて油をすくい、露天商やレストランが食用油として使っています。
多数の逮捕者が出ているにもかかわらず、この毒性の強い油が依然として出回っています。
‘The Making of Gutter Oil’: Exposé Reveals Horrid Origins of Chinese Cooking Products